魅力的な看護師の履歴書を作成しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師として就職や転職を考えている場合、必要になるのが履歴書です。これは提出すればいいというものではなく、書く内容にも注意が必要です。ではどのような点に注目して書けばいいのでしょうか。
実際に記入するうえでのポイントの1つが、自分の気持ちを正直に書くことです。立派なエピソードを作ったとしても、嘘はすぐに見抜かれてしまいます。自分を良く見せようとするのではなく、ありのままの自分を書くことが大切です。
また働くうえで、学歴や経歴を気にする方も多くいます。ですが実際に働くことを考えた場合、大切なのは学歴や経歴だけではありません。自分の学歴を恥じるのではなく、働きたい理由などを重視するようにしましょう。熱意が伝われば、採用してもらえる確率も高くなります。

大切なのは自分の気持ちを書くこと

看護師として働くことを考えている場合、採用面接の前に履歴書の提出が必要です。提出するときにポイントとなるのが、どのようなことを書けばいいのかという点です。
例えば記入するときに必ず書くのが、職場で働きたい理由です。働きたい理由を記入する際、自分のことを書くのではなく嘘を書く方も多くいます。嘘でも立派なエピソードを添えたほうが、採用確率が高くなると考えている方も見られます。ですが立派なエピソードだとしても、嘘だとすぐに見抜かれてしまいます。そのため嘘を書くのではなく、自分の言葉で書くことを忘れないようにしましょう。
特に自己PRの欄では、話を盛る方もいるかもしれません。しかし話を盛ると、面接で質問された際に上手く対応できないこともあるので注意が必要です。

学歴や経歴に縛られないことも大切!

実際に看護師として働くための履歴書を書くとき、学歴や経歴の欄を気にする方も多くいます。学歴が立派なほうが、採用されやすいと考えている方もいるかもしれません。確かに今までの経歴を気にする職場もありますが、学歴や経歴よりも本人の熱意のほうが大切です。そのため自分の学歴を気にするのではなく、やる気をアピールできるようにしましょう。
自分のやる気をアピールするポイントの1つが、その職場で働きたい理由について改めて考えてみることです。仕事に対する熱意や取り組み方は、人によって異なります。自分が働きたい状況を整理することで、熱意をアピールしやすくなります。また文章を書くのが苦手という方もいますが、文章力で採用が決まるわけではないため自分の言葉で書くようにしましょう。

ピックアップ記事

職歴を履歴書に書くときの看護師の場合のポイントとは

看護師で転職活動をする時には、必ず職歴を書いて応募先に提出することになりますが、その際には必ず自分のこれまでの経歴を簡潔にまとめておき、アピールできるポイントをしっかりと書くことが大事です。医療に携わ...


コンテンツ

カテゴリー