職歴を履歴書に書くときの看護師の場合のポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師で転職活動をする時には、必ず職歴を書いて応募先に提出することになりますが、その際には必ず自分のこれまでの経歴を簡潔にまとめておき、アピールできるポイントをしっかりと書くことが大事です。医療に携わる仕事をしてきてどのようなことを獲得できたのか、これまでの経験はどうかなどを書くことが一番になってくるので、自分に有利になることは必ず書くように心がけておくことにしましょう。履歴書は通常の転職に使われるものを使用して問題ありませんが、書き方にはいくつかのポイントがあります。自分の好きな就職先に入るためにはどのようなことに気をつけていけばよいのか、あるいは採用担当者は書いてあることのどこに着目していくのかについて、そのポイントを詳しく紹介します。

認定資格がある場合には忘れずに書く

看護の仕事を長い間続けていると、認定資格などを取る機会が与えられます。その時に取得できた場合には国家資格を取得しているだけでなく、認定されているということを必ず書いておきましょう。専門的な医療分野に関することはもちろんのこと、それ以外の分野の場合でも、就職を希望する医療施設の中で役に立つことがあるので、自己判断で書かなくても良いと考えるのではなく、一見簡単だと思われるような認定資格でも、わかりやすいように明記することが大事です。これらを持っているということは少なくとも看護の仕事を真面目にこなしてきたという証拠ですから、職歴を受け入れ先の病院側が見てくれます。病院以外の医療系一般企業に就職するときにも、豊富な経験と知識は役に立っていきます。

手書きでもパソコンでもどちらでも問題はない

現在は字の上手さや下手さなどは仕事に全く関係ないという解釈がされている時代なので、履歴書は必ずしも手書きにこだわる必要はありません。読みにくい字で書いたものを提出されるよりは、パソコンで綺麗にまとまったものの方が良いとされる場合が多く、好きな方法で書くのが一番です。書式は特に指定がない場合には一般的に使われる形式で、職務経歴書と一緒に必要書類を出すと選考がスタートします。他の人にアドバンテージをつけるためには、自分が何年間働いてきたのかをアピールするよりも、長い看護師の職歴の中でどんなことを身に付けていき、それらをどのようにして新しい仕事で活かせるのかを書いたほうが、面接担当や採用担当の人からも高く評価されるので、能力について詳しく書くことが大事です。

ピックアップ記事

職歴を履歴書に書くときの看護師の場合のポイントとは

看護師で転職活動をする時には、必ず職歴を書いて応募先に提出することになりますが、その際には必ず自分のこれまでの経歴を簡潔にまとめておき、アピールできるポイントをしっかりと書くことが大事です。医療に携わ...


コンテンツ

カテゴリー