看護師の履歴書に特技を書くことのメリットはどこにあるか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の転職活動や就職活動ではその他の仕事と同じように必ず履歴書を書くことになります。その際には転職ならばこれまでの経験や培ってきた知識などをアピールし、新卒の場合には自分の性格ややる気などをアピールしますが、他の人も同じ資格を持っているので、なかなかアドバンテージがどこあるのか自分でもわからないということは少なくありません。書き方で行き詰まった時には就職や転職とは一見関係の無さそうな特技を書くのも良いでしょう。これらを書くことには大きな意義があり、上手くまとめることで人物の評価も高くなることがあります。多くの人と携わっていく機会が多い看護の仕事で、なぜ特技を書くと良いのか、そのメリットについてを、以下で詳しく説明していきたいと思います。

転職なら最終判断で使われることも

転職活動では看護の経験が豊富な人材がこぞって応募をしてきます。面接の受け答えでは皆ハキハキとしゃべるので、返答のみではなかなか選考基準を判断することはできません。その次に職務経歴書を確かめますが、同じようなレベルにある人材が来た場合に、どちらかを選択するのが人事の仕事となります。最終的にどっちにすればいいのかを決めるときに、看護とは全く関係のない特技の欄に記入があることで、その人の性格に興味を持ってくれて最終的に採用となるケースがあるのです。このため履歴書に該当する欄があるなら必ず記入するようにしましょう。その特技から自分は何を得たのかを簡潔に書いておくと、魅力のある人材だと判断されて他の応募者に差をつけることができ、見事転職を成功させることができます。

医療の意外な分野で役に立っていくこともある

看護師の仕事はただ単に医学や看護の知識があれば良いわけではありません。コミュニケーション能力であったり、何か突き詰めて考えていく能力や、チームワークを重視したり集中力などが求められたりすることもあるのです。その時に特技を履歴書に書いてあれば、そこから何か素晴らしい能力を得たのではないかと採用者側が考えてくれますから、採用の際にもかなり有利に進んでいくのです。スポーツに関することでも、仕事や趣味に関することでも、人には必ず得意な分野というのがありますから、空欄にする事のないように埋めておくことがベストです。これは新卒で働くときでも転職でも同様のことですから、魅力的な書類を書き上げるようにして自分という人間を上手く売り込んでいくことが就職や転職では必要になります。

ピックアップ記事

職歴を履歴書に書くときの看護師の場合のポイントとは

看護師で転職活動をする時には、必ず職歴を書いて応募先に提出することになりますが、その際には必ず自分のこれまでの経歴を簡潔にまとめておき、アピールできるポイントをしっかりと書くことが大事です。医療に携わ...


コンテンツ

カテゴリー